1.ご相談

ご希望の物件がございましたら問い合わせフォームよりお問合せください。

 

お問い合わせフォーム

2.購入の申込み(購入予約)

購入の申し込みとは、物件を購入する意思を正式に示す手続きです。
買主は「不動産申込依頼書」にて申し込みをします。

購入申込書には、購入価格、契約締結日、引渡日を記載し、提出します。
※申込時には申込金が必要となる場合がございます。

※申込金についての詳細は「契約時にかかる費用」をご参照ください。

 

売主の承諾が得られれば「3.不動産売買契約」へ。

融資申込みがある場合には事前審査申込み手続きをします。

※融資利用は本申込み〜実行まで最低2週間必要となりますので、ご注意ください。

3.不動産売買契約

買主、売主双方の条件合意ができましたら、不動産売買契約を締結します。

 

重要事項説明。弊社の取引士が買主様に「重要事項説明書」を交付します。
宅地建物取引士は、「重要事項説明書」をもとに物件に関する説明をします。

※詳細は「重要事項説明書」をご参照ください。

重要事項説明後、契約締結となります。
売主と買主は双方、不動産売買契約書に署名・捺印をします。

※詳細は「売買契約書」をご参照ください。

買主は契約時に「手付金」を支払います。これで契約は成立となります。

融資申込みがある場合には本申込みをします。

4.引渡し・不動産登記

不動産売買契約書にしたがって残金の支払いと物件の引渡しを行います。
一般的には、不動産の引渡しは売買代金全額の受領と共におこなわれます。

 

不動産の「所有権移転登記」の申請をする(司法書士に依頼します)

買主は残代金のお支払い

公租公課などの清算
固定資産税(登記日からの日割清算)などを精算します。

関係書類の受取
→物件の実測図・境界確認書、付帯設備の取扱説明書や証明書、などを受け取ります。

鍵の引渡しをします。

 

5.仲介手数料の支払い

無事に不動産の引渡し等が行われ契約が履行されると、仲介契約に従って、売主、買主は仲介業者に手数料を支払います。
手数料は宅建業法により上限が定められており、その内容は以下となります。

 

 

売買価格

仲介手数料の上限

200万円以下の金額 売買価格の5%+消費税
200万を超え400万円以下の金額 売買価格の4%+消費税
400万円を超える金額 売買価格の3%+6万円(税抜き)

 

 

※平成30年1月1日より400万円未満の取引についての業者報酬(売主に関わる)が改定されています。

 

6.入居

入居スタート。
※融資がある場合にはローンの返済もスタートします。

 

 

以上が不動産取引に関する一連の流れとなります。ご参考になれば幸いです。

ページの先頭へ戻る
TOPに戻る
TOP